開眼供養はどのようにする? | 法要 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 葬のマナー > 法要 > 開眼供養はどのようにする?

開眼供養はどのようにする?

僧侶を招いて開眼供養を営む

 
 開眼供養は、いわゆる「魂入れ」で、この供養によって初めてご本尊や位牌が礼拝の対象に、仏壇も仏を祀る厨子となるのです。僧侶を招いて、ご本尊や位牌の開眼供養を営んでもらうわけですが、新仏が出てから仏壇を購入した場合は、忌明けの法要のときに供養を行うことが多いようです。
 供養のやり方は各宗派によって異なりますから、詳しいことは菩提寺に問い合わせるとよいでしょう。
 法要の大まかな流れは、読経と参列者の焼香です。このあと、会食の席を用意しますが、最近は省略することも多くなっています。

僧侶へのお礼は年忌法要と同額が目安  

 開眼供養とほかの法要をいっしょに営むときは、それぞれ別々のお礼をします。例えば、それが一周忌の法要といっしょの場合は「開眼供養 御布施」と「一周忌御布施」と表書きして包みます。この場合の開眼供養の金額は、一周忌法要の半額程度を目安と考えます。
 開眼法要だけをお願いする場合は、年忌法要と同額程度を包みます。お礼は、奉書紙を用い、水引をする場合は紅白の結び切りです。


このページのトップへ