お彼岸には、どんな供養をすればいい? | 祭事のマナー | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 祭事のマナー > 祭事のマナー > お彼岸には、どんな供養をすればいい?

お彼岸には、どんな供養をすればいい?

春と秋のお彼岸には先祖の供養を


年に二度、春分の日と秋分の日を中心に、前後三日ずつの合計七日間にわたるお彼岸は仏教行事の一つです。「彼岸」とは仏教用語で向こう岸、つまり仏の世界のこと。春分の日と秋分の日はともに昼と夜の長さが同じで、太陽が真東から出て真西へ沈む日に当たります。このため仏教の西方浄土を思うに適した時期ということで、春分の日と秋分の日を中心に、お彼岸の行事が行われるようになったと言われています。なお、一般的には、春分の日は生物を慈しみ、秋分の日は先祖を偲ぶことを目的に国民の祝祭日になっています。寺院などでは読経や法話による彼岸会が開かれるため信徒はもちろん、先祖を祀っている人はこの間に寺院にお参りして供養をしたり、お墓参りをするのがしきたりです。

お墓参りはまずお墓の掃除から

もっとも代表的な供養の方法は、やはりお墓参り。墓所の管理事務所などで手桶とほうきを借り、まずお墓のまわりに生えている雑草を抜いて掃除を。墓石にも水をかけ、たわしで苔や汚れを落とします。きれいになったら枯れた花を新しいものに取り替え、ひしゃくで墓石に水を掛けます。このあとでロウソクに火をつけ、線香を立てて水を注ぎ、お菓子やフルーツを供えて合掌礼拝します。お参りする順序にとりたてて決まりはありませんが、一般的にはお墓に眠る故人との縁が深い人から順にします。寺院の中にお墓がある場合は、お墓だけでなく寺院のほうにも立ち寄ってお参りしたほうがいいでしょう。お経料は必要ありませんが、以前はお米や野菜を納めたものですから、そういった品物に代えて「御供物料」として現金を包みます。のし袋は黄色の水引で。

仏壇がある場合は親類を招いてお参りを

仏壇のある家庭では、お彼岸の前に仏壇を掃除して花を生け、毎日お茶かお水をあげるようにします。お彼岸中には朝晩灯明をともし、線香を立ててお参りを。また、お彼岸団子やおはぎなどのほか故人の好物を供え、供養します。供養のためにおはぎなどを多めにつくって、近所に配るならわしが残っている地方もあるようです。お寺やお墓が遠くてお参りに行けない場合は、自宅に僧侶を招いて読経してもらいます。この際、親類なども招いてお参りできればより供養にふさわしいでしょう。僧侶には「御布施」と「お車料」を包んで渡します。仏壇がなくても、親や兄弟姉妹などの身内がすでに故人になっていて、その位牌が親類の家に祀られている場合は、位牌のある家やお墓にお参りを。家へ伺うときにはお供えとして菓子折りやフルーツなどを持参します。お墓へお参りするときは花を供えましょう


このページのトップへ