端午の節句の祝い方は? | 祭事のマナー | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 祭事のマナー > 祭事のマナー > 端午の節句の祝い方は?

端午の節句の祝い方は?

粽と柏餅を中心に季節の一品を添えて


男の子のいる家では、端午の節句に親しい人たちを招いてお祝いをします。もてなす方法はひな祭りとほぼ同じように考えればいいでしょう。この日の祝い膳には粽と柏餅がつきもの。粽はもち米とうるち粉、葛粉などを水で練り、茅の葉で包んで蒸してつくります。これは、中国の伝説にちなんだもので、屈原という人が五月五日に自らの命を絶ったことを弔うために供えたのが始まりだという言い伝えがあります。柏餅は、神様に供える餅を柏の葉で包んだことに由来するという話があります。初節句でもない限り、あまり盛大に人を招く必要はありませんが、お祝いに訪れた人をもてなす場合には、この粽や柏餅のほかに、季節に合わせて鰹のたたきなどの料理を用意すればいいでしょう。また、赤飯や鯛のかぶと煮などの縁起物や、西日本地方なら出世魚と呼ばれるスズキやブリなどを並べても喜ばれます。お祝いに招かれて場合は、菖蒲の花やケーキなどを手みやげに。子供にミニカーやプラモデル、ちょっと目先を変えてコマや竹トンボなどの伝統的な玩具を贈ってもいいのではないでしょうか。

COLUMN
菖蒲の節句には菖蒲湯でリラックス
端午の節句の別名は、菖蒲の節句。魔除け、厄除けの日でもあるこの菖蒲の節句には、地方によっては軒先に菖蒲をさす習慣がいまでも残っています。このほか、めずらしい風習としては枕の下に菖蒲を敷いて寝るところもあったとか。現在では、風呂に入れて菖蒲湯にする風習がもっとも身近なようです。中国では、五月に災厄を払う薬草として菖蒲を使っていました。漢方では、菖蒲は健胃薬や打ち身の治療薬として用いられるもの。節句の当日には菖蒲酒(菖蒲の葉や根を浸した酒)を飲む風習もあったそうです。このならわしが日本に伝わり、厄除けとして軒先にさしたり、菖蒲湯にはいったりする行事として定着したと言われています。さまざまな入浴剤などが出まわっている昨今ですが。せっかくなら菖蒲の節句にちなんで、この日ばかりは家でも菖蒲湯を試してみてはいかがでしょう。現在なら、スーパーや花屋などで茎と葉を束ねたものが菖蒲湯用に売られています。これを湯船に浮かべればいいだけなので、家庭でも簡単に用意することができるはずです。菖蒲には茎と葉に芳香があり、この湯に入ると身体を温める作用があるとか。季節の香りをたのしむとともに、身体にも良い菖蒲湯ですので、市販されているものとはひと味違う天然のリラクゼーションを楽しむことができそうです。


このページのトップへ