便せんや封筒はどんなものを選べばいい? | 手紙 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 交際のマナー > 手紙 > 便せんや封筒はどんなものを選べばいい?

便せんや封筒はどんなものを選べばいい?

差し出す相手に合わせたものを選ぶ


最近は、バラエティに富んだ便せんや封筒がたくさん市販されています。色や香りのついたものをはじめ、紙質もさまざまなものがありますから差し出す相手と内容に合わせて選びます。差し出す相手を問わない無難な便せんは、白い無地のものか、薄い色でラインを引いたものです。事務用便せんは事務用通信に使うものですから、個人的な手紙に使用してはいけません。そのほか、原稿用紙も避けるべきでしょう。

封筒は二重封筒や白無地のものを

封筒は改まった場合や目上の人には、二重封筒や少し厚めの白無地の封筒を使えば問題ありません。ただし、これは一般的であって、相手の方とのお付き合いや手紙の内容によって使い分けます。親しい友人などには、ユニークな便せんや封筒を使えば、受け取ったときに楽しんでもらえます。できれば、日頃から何種類か気に入った便せん、封筒を購入しておき、相手や用件によって使い分けるようにすれば、手紙を出す楽しみが増しそうです。

正式な手紙なら縦書きの便せんで

便せんの場合、縦書きと横書きがありますが、日本では正式な手紙は縦書きにするのがエチケット。けれども、横書きの手紙も最近はかなり一般的になってきました。ビジネス文書はほとんどが横書きですし、若い人の間では横書きの人が多くなっています。横書きの手紙を書く場合は、欧文の書式と同じで、最初に相手の名前を書き、「拝啓」などのあいさつ語は省いてかまいません。


このページのトップへ