媒酌人へのお礼の挨拶は? | 新生活 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 新生活 > 媒酌人へのお礼の挨拶は?

媒酌人へのお礼の挨拶は?

●旅行から帰ったら自宅に挨拶に  

 
 挨拶に  媒酌人のお宅へは、旅行から帰ったら旅先でのお土産を添えてお礼に伺います。とくに職場の上司が媒酌人の場合は、結婚後の初出勤前に自宅に挨拶に伺うのがマナーです。

 お礼の金額は、どれだけお世話になったかによりますが、少なくとも先方がそのために支出した実費といただいたお祝いを下回らないように考えます。挙式当日だけなら5~10万円、婚約にも立ち会ってもらったなら10~20万円程度を目安にするといいでしょう。また職場内などの通例も無視できません。多すぎると先方は負担に思うし、少なければ失礼です。このお礼は男女で折半して出します。お金は金銀か紅白の水引を結び切りにした金包に入れ、表書きは「御礼」とし、2人の新しい姓名を連署します。ただし、お礼の仕方は地方で異なることもあるので、その地域の習慣も参考にしましょう。


●すぐに伺えないときは披露宴後に

 媒酌人が遠方の方など、すぐにお礼に伺えないときは、披露宴が終わったあと、その場で席を設けるなどして贈ります。この場合は、旅行から帰ったらお礼と報告の手紙を出し、旅行のお土産を送るといいでしょう。


このページのトップへ