嫁の土産、婿の土産はいつ、どんな品を贈るのがいい? | 新生活 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 新生活 > 嫁の土産、婿の土産はいつ、どんな品を贈るのがいい?

嫁の土産、婿の土産はいつ、どんな品を贈るのがいい?

●お土産は家族になった挨拶のしるしに贈る

 
 初めての実家の訪問には、旅行のお土産とは別に、嫁、婿それぞれが相手の家族一人ひとりにお土産を贈ります。これは、「よろしく」と新しく家族になった挨拶のしるしに贈るものですから、消耗品や実用品ではなく、相手の身につけるもの、趣味のものなどを選びます。和装小物、調度品、洋品雑貨、など、弟妹には万年筆やポーチなどもいいでしょう。また祖父母がすでに亡くなっていれば、仏壇に備える線香を用意します。


●奉書紙二枚で包み、水引は金銀結び切りに

 
 体裁は、奉書紙二枚で包み、金銀の水引を結び切りにし、表書きを「お土産」として下に名前だけ記します。丁寧にする地方では目録をつけることもあります。

 実家が遠方の場合は、挨拶は次の休暇のときでもかまいませんから、お土産だけ先に送っておくといいでしょう。


このページのトップへ