媒酌人、司会者、諸係へのお礼は? | 結婚式・披露宴[主催者] | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 結婚式・披露宴[主催者] > 媒酌人、司会者、諸係へのお礼は?

媒酌人、司会者、諸係へのお礼は?


●媒酌人への謝礼は後日あらためて


 招待客が全員帰られたら、媒酌人に心からお礼を述べ、車にご案内します。新郎新婦の代わりに親やきょうだいが代行してもいいでしょう。披露宴の当日に媒酌人にお礼をさしあげるのは、ほんとうは失礼なこと。後日あらためて伺いましょう。



●世話係にねぎらいを


 司会や受付を頼んだ友人たちにも、お礼とねぎらいのあいさつをします。これらの世話係は食事をゆっくりしていないこともありますから、できれば前もって席を予約しておき、自由に飲食してもらいながら休んでもらうようにしたいものです。本人たちに代わってきょうだいなどがもてなすか、仲間うちのいちばん親しい人にまかせて自由にくつろいでもらい、支払いを新郎新婦のほうに回してもらうようにしてもいいでしょう。

 もし、二次会がすぐにセッティングされているなら、世話係たちを二次会に招待する形にし、会費を本人二人が負担するようにしてもいいでしょう。

 友人どうしの場合、もてなしをして感謝の心をあらわすのがお礼と心得たいもの。ただし、遠方から来てもらった場合は、旅費の実費程度を御車代として包みます。


このページのトップへ