二次会での新郎新婦の役割は? | 結婚式・披露宴[主催者] | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 結婚式・披露宴[主催者] > 二次会での新郎新婦の役割は?

二次会での新郎新婦の役割は?


●二次会では出席者、世話人に感謝を


 披露宴に続いて二次会を行うことが多くなりましたが、新郎新婦は着替えを手早くすませ、遅れないように出かけましょう。会費制の場合は、新郎新婦が招かれる立場ですから、世話人はもとより参会者全員に感謝の気持ちをもって接しましょう。できるだけ多くの人々と直接言葉を交わし、歓談できるようにするのがコツです。立食スタイルなら、会場内をくまなく歩いてお礼のあいさつをします。

 二次会は、友人など同世代の人が中心になって開かれるでしょうが、父母も招かれることがあります。その場合は、父母はなるべく控えめに、ただし、参会者たちには本人同様、感謝の気持ちで接してもらいましょう。参会者たちへのお礼として簡単な記念品を配るか、お酒などの差し入れをするのもいいでしょう。



●出身地での二次会はその土地柄に合わせて


 同じ二次会でも、どちらかの出身地が遠隔地であったり、その土地のしきたりで、あらためて宴が催される場合は、その土地柄に合わせて行います。衣装の格式や配り物など、さまざまな習慣があるので、父母などその土地に詳しい方の意見を聞くことです。


このページのトップへ