受付係、案内係など世話係の役割は? | 結婚式・披露宴[主催者] | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 結婚式・披露宴[主催者] > 受付係、案内係など世話係の役割は?

受付係、案内係など世話係の役割は?


●世話係は挙式前には会場に


 受付や案内の担当者は、挙式の始まる前には式場に出向いていること。準備のほか、式の間の連絡や、披露宴に早めに見える招待客の接待などにあたります。

 受付に必要なものがすべてそろっているか、また取り次ぐ必要のある招待客の名前などを確かめておきます。さらに、トイレや電話の場所を確認し、招待客に聞かれたときにすぐ応じられるようにしておきましょう。



●招待客には招待者側の立場で


 受付は披露宴開宴の三十分前には始めます。受付の席で、立ったまま招待客を迎えます。応対は招待者側の立場に立って、態度や言葉づかいには十分注意を払いましょう。また、髪や服装にも気を配り、さわやかな印象を心がけることです。

 ご祝儀を出されたら、両手で受け取ってお礼を。名前を確認し、テーブルの下に保管します。お盆の上に積み重ねたままにするのはいけません。記帳をいただいたら席札を渡し、控室へ案内します。なお、大切な来賓やスピーチをお願いする方が見えたら、司会者や親族に知らせ、親族が面識のない場合は紹介し、あいさつできるようにします。



●預かったお祝いは責任を持って直接渡す


 開宴の知らせがあり、予定のお客さまが全員見えていれば受付を片づけますが、全員がそろっていない場合は受付係の中で一人が残り、ほかの人は入場します。いよいよ開宴となったら、あとは会場の係に頼んで入場しましょう。お預かりしたご祝儀は、芳名帳といっしょに紛失しないよう責任を持って預かり、宴後、本人か指定された人に直接手渡します。



●撮影係は会場を下見して準備を


 写真やビデオの撮影を頼まれた人は、事前に撮影プランをよく練っておきます。とくに撮ってほしい人やシーンなど、本人や親に前もって聞いておき、あとはポイントを押さえながら、列席者全員をもれなく、平均に撮ることを心がけます。新郎側と新婦側のそれぞれが、同じくらいの枚数や撮影時間になるように撮ることも忘れてはいけません。

 当日は開宴の一時間前くらいに到着するようにし、撮影場所の下見をしてアングルなどを決めておきます。フィルムやテープ、電池などの確認も忘れずに。

 ケーキ入刀などのハイライトシーンはアップだけでなく、引いた感じの写真も撮るなどバリエーションもつけて撮ります。ただし、列席者の迷惑や邪魔にならないように注意します。


このページのトップへ