仏前結婚式の場合は? | 結婚式・披露宴[主催者] | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 結婚式・披露宴[主催者] > 仏前結婚式の場合は?

仏前結婚式の場合は?


●御仏の前で結婚を誓う


 仏前結婚式は、寺院や菩提寺の本堂で行うのが一般的ですが、最近は、挙式者側で祭壇の準備をすれば部屋を貸してくれるホテルや式場もあり、仏前式専門の式場もあります。また、僧を招いて自宅の仏壇の前で行うこともできます。



●式の中心は念珠の授与


 式次第は、宗派や寺院、司婚者によって異なりますが、如来の前で誓い、焼香をし、念珠が授与される点は共通でしょう。結婚指輪の交換をしたい場合には、事前に申し出ておけば念珠授与の前後に組み込んでくれます。神前式同様、式前に控室で説明があるのでよく聞いておきましょう。また参列者も仏教徒なら念珠を持参します。


念珠を左手に下げ、右手で焼香します。香は1回だけたきます

1)父母親族入堂
 仏前に向かって右側に新郎側、左側に新婦側の参列者が並びます。席順は神前式とほぼ同じです。

2)新郎新婦入堂
 媒酌人夫妻に付き添われて、新郎と新婦が別々の入口から入場します。

3)司婚者入堂
 結婚を司る僧侶が入堂し、焼香。一同は合掌します。

4)敬白文(けいびゃくぶん)朗読
 司婚者が仏前に向かい、これから結婚式を行うことを報告します。一同は起立します。

5)念珠授与
 仏前式でもっとも大切な儀礼です。
 司婚者が白房の念珠を新郎に、赤房の念珠を新婦に授けます。
 新郎新婦は、これを左手の四指にかけます。念珠は式が終わるまで持ち、畳の上には置かないようにしましょう。

6)誓約の言葉
 司婚者の問いかけによって、新郎新婦が仏前で結婚を誓います。

7)焼香
 左手に念珠を下げ、新郎新婦の順に焼香し、合掌礼拝をします。

8)式杯
 三三九度の杯と同じですが、神前結婚式と順序が逆で、一の杯は新婦から飲み、二の杯は新郎から、三の杯は
 新婦からとなります。その後に、参列者一同で親族固めの杯を行います。

9)法話
 司婚者のお話があります。

10)閉式、退堂


●仏前結婚式式次第(例)
1 参列者入場、着席 エレクトーン演奏
2 新郎新婦入場
3 司婚者入場、仏前に合掌 全員合掌 雅楽演奏
4 敬白文朗読
5 念珠授与 鳳笙演奏
6 司婚の辞
7 司婚者着席 鳳笙演奏
8 新郎新婦焼香
9 誓杯、祝杯 雅楽演奏
10 司婚者の祝辞
11 一同起立、合掌 雅楽演奏
12 司婚者退場
13 新郎新婦、参列者退場 エレクトーン演奏


このページのトップへ