キリスト教結婚式の場合は? | 結婚式・披露宴[主催者] | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 結婚式・披露宴[主催者] > キリスト教結婚式の場合は?

キリスト教結婚式の場合は?


●神と会衆の前で誓うのがキリスト教の結婚式


 キリスト教結婚式の大きな特徴は、二人だけで誓うのではなく、神と会衆の前で誓い合い、指輪の交換(または贈呈)を行うことです。そのため、新郎新婦と司式者のほかに第三者の立ち会いが不可欠になります。一般には、新郎新婦ともっとも親しい友人や、二人が尊敬する人に証人をお願いしますが、日本では媒酌人夫妻が証人を務める例が多いでしょう。また、式には親族だけでなく、知人、友人など多くの人が参列します。



●式の方法は宗派、教会に従う


 キリスト教の結婚式といっても、カトリックやプロテスタントなどの宗派によって、また教会、司式者によって式の意味、構成や順序などに違いがあります。また、信者かどうかによっても異なります。司式を務めるのは、カトリックでは神父、プロテスタントでは牧師です。挙式を望む場合は、司式者の許可がいりますから、神父、牧師に直接お願いします。

 新郎新婦のどちらかが信者であればあまり問題はありませんが、未信者の場合は、事前に何回か教会に行って礼拝に出席することが義務づけられているところが多いようです。



●当日は証人が介添えもする


 欧米では、新郎にはベスト・マンとよばれる介添え人が、新婦にはブライズ・メイドとよばれる介添え人がそれぞれつきます。日本の場合は、媒酌人夫妻がこの役を務める例が多いようです。介添え人は、指輪交換のときに新婦の手袋とブライダルブーケを持つなど、新郎新婦の世話をします。



●参列者は先に入場して新郎新婦を迎える


 教会式の場合は事前にリハーサルが行われるので、そのときに式の意味とあり方をよく把握しておきましょう。また、参列者には式次第と讃美歌か聖歌の歌詞カードを渡します。
 ホテルなどの式場で行われるプロテスタントの結婚式の一例を紹介しましょう。

1)参列者入場 着席
参列者は式が始まるまでに入場し、着席します。神前式のように席順が決まってはいませんが、最前列に父母、つぎに兄弟、その他の身内というように、関係の深い人ほど前に座り、知人、友人などがその後ろに続くようにします。中央のバージンロードをはさんで聖壇に向かって右側に新郎の関係者、左側に新婦の関係者が着席します。
 このとき、バージンロードに沿った席が空席にならないように中央寄りに着席します。また、バージンロードに立ち入ってはいけません。左右の通路から席に着くようにします。着席したらバッグや持ち物は椅子と背の間か膝の上、または足元に置き、座席の前の机には聖書と讃美歌以外はのせないようにします。

2)前奏、新郎新婦入場
 ウエディングマーチとともに、まず新郎が入場します。立証人または介添え人とともに前方入り口から入場し、聖壇の前で新婦を待ちます。続いて新婦が父親と左腕を組み、後方入り口から入場、バージンロードを聖壇に向かって進みます。
 なお、父親と腕を組まず、新郎新婦二人揃って後方入りロから入場する方法もあり、これは司式者や本人の意思によるものです。また、日本では媒酌人が証人を務める例が多いでしょう。
 参列者は自席で起立し、新郎新婦のほうを向いて迎えます。
 聖壇前で、新婦は父の腕をほどき、新郎とともに司式者(プロテスタントの場合は牧師)の前に進みます。

3)讃美歌合唱
 一同起立して、祝福の讃美歌を合唱します。

4)聖書朗読
 聖書の一節を司式者が朗読します。

5)祈祷
 司式者が祈りを捧げ、一同は黙祷します。

6)司式者のお話

7)聖書朗読
司式者が愛に関する教えを読み上げます。

8)誓約
 司式者の問いかけによって、新郎新婦は神と衆目の前で結婚を誓います。参列者は一同起立して、証人として見守ります。

9)指輪交換
 目に見える誓いのしるしとして、指輪を交換します。司式者によって祝福された指輪を、新郎が新婦の指にはめ、次に新婦が新郎の指にはめます。このとき、新婦はブーケと手袋を証人か介添え人に預けておきます。

10)祈祷
 司式者が二人の手を合わせ、その上に自分の手を置いて神に祈ります。

11)宣言
 二人の手をとき、参列者のほうを向かせ、二人の結婚が成立したことを宣言します。

12)讃美歌合唱

13)祝祷
 司式者により、一同に祝福が与えられます。

14)退場
 新郎新婦は腕を組み、バージンロードを通って後方出口から退場します。そのあと証人が続き、参列者一同は起立して見送ります。教会によっては、このあと結婚証明書へのサインや親族紹介を行うこともあります。

●教会結婚式の席次表(例)

●キリスト教結婚式式次第(例)
<プロテスタント> <カトリック>
1 参列者入場 1 入堂
2 新郎新婦入場 2 聖歌一 ウエディングマーチ演奏
3 讃美歌 3 司祭祭壇前の祈り
4 聖書の朗読 4 聖歌二 オルガン演奏
5 祈祷 5 聖書の朗読
6 司式者のお話 6 司祭のお話
7 聖書の朗読 7 結婚の誓約
8 結婚の誓約 8 指輪の祝別と交換
9 指輪の交換 9 結婚の祝福
10 祈祷 10 聖歌三 オルガン演奏
11 結婚の宣言 11 退堂  オルガン演奏
12 賛美歌、頌栄
13 祝祷
14 新郎新婦退場
15 挨拶(新郎または新郎の父)
16 後奏、会衆退場



このページのトップへ