よそおいの準備 | よそおい | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > よそおい > よそおいの準備

よそおいの準備


●披露宴に出席するときの服装は?


 参列者の服装は立場を基準に考えます。身内、主賓に近いなら正礼装、その他の親族は準礼装、知人・友人は略礼装が一般的。和装の正礼装は男性なら五つ紋付き羽織袴、既婚女性は留袖になります。洋装の正礼装は男性なら昼間はモーニングコート、夕刻からはタキシード、女性なら昼間はアフタヌーンドレス、夕刻からはイブニングドレスを着用します。準礼装は男性なら昼間は黒の上衣に縞のズボンのディレクタースーツ、またはブラックスーツ、夜はタキシードなどです。女性なら昼間はセミアフタヌーンドレス、夜はセミイブニングドレスかカクテルドレス。略礼装になると、男性は紺やグレーのダークスーツ、女性はドレッシーなワンピースかツーピースが主流です。夜はエレガントに、シルクや光沢のあるドレスがぴったりですよ。和装の場合は、未婚・既婚に関係なく訪問着か色無地紋付きが準礼装、色無地や付け下げが略礼装となります。



●靴・バッグなどの小物はどんなものを?


 靴はヒールが3cm以上あるものを、バッグはパーティ用の小ぶりで華やかなものがいいですね。ただし、へび革など爬虫類系の素材は殺生をイメージするのでタブーです。アクセサリーはいつもよりゴージャスに。昼間に開かれるパーティでは輝きを抑えたパールやトパーズなどを、夕刻からのパーティでは光る素材の華やかなものがふさわしいでしょう。和装の場合はアクセサリーを控えるのが正式です。



●着てはいけないものってあるの?


 披露宴では花嫁が一番の主役なので、それより目立たないように気をつけたいものです。流行を追うようなもの、みんなの目を引くような服は避けましょう。白は「純潔」を意味する花嫁の色なので絶対タブー。ニットや綿素材、光沢のない麻はふだん着のイメージなのでふさわしくないでしょう。



●披露宴に持っていくものは?


 まず忘れてはいけないのがご祝儀。袋に名前を書いたかなど、最終確認をしましょう。披露宴の場所・時間が記された招待状や地図も必要です。二次会へ出席するならその招待状も忘れずに。最後にドレスにほつれがないかなどをチェックしましょう。


手提げバッグや傘など、和装小物はこちらから

事前に揃えておきたい祝儀袋はこちらから


このページのトップへ