ブライダルブーケの選び方は? | よそおい | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > よそおい > ブライダルブーケの選び方は?

ブライダルブーケの選び方は?


●淡い色を少し加えてドレスを引き立てる


 ウエディングドレスの場合、花嫁を引き立てるアクセサリーは、何といってもブライダルブーケです。ブーケは男性がプロポーズの意味を込めて贈るもので、承諾のしるしに女性はその中の一輪を相手の上着の胸にさすといういわれがあります。そのため、ブーケと新郎の胸に飾るブートニアはおそろいの花で作ります。

 ブーケのオーダーは、フラワーデザイナーや花屋さんなどに、挙式の二~三週間前までに予約が必要で、このとき
ドレスの写真を持って相談するといいでしょう。可愛らしいドレスならコロニアル(丸い形)の花束が、すその長い大人っぽいデザインのものならキャスケード(滝が流れるような形)が似合うでしょう。花はカトレアや胡蝶蘭、ゆり、バラなどがよく使われ、白い花が一般的ですが、最近では淡い色を少し加えてドレスを引き立てています。新郎のブートニアの一輪も忘れずに。


花嫁の美しさを引き立てるアクセサリーはこちらから


COLUMN

「サムシング・ブルー」ってなに?

 欧米では昔から、サムシング・ニュー(何か新しいもの)、サムシング・バロー(何か借りたもの)、サムシング・オールド(何か古いもの)、サムシング・ブルー(何か青いもの)の四つのサムシングを身につけると幸せになるといわれています。

 貸衣装のドレスを着るなら、衣装を借りて、ストッキングを新しくし、アクセサリーを母親のネックレスなどにし、さらに何か青いものを身につければ四つのサムシングがそろいます。たとえば、青い柄の入った下着などいかがでしょう。


このページのトップへ