和装の場合は? | よそおい | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > よそおい > 和装の場合は?

和装の場合は?


●新婦は文金高島田に白無垢または色打掛


 和装の場合、新婦は文金高島田に白無垢または色打掛が一般的ですが、総振り袖も正装です。白無垢は、打掛、掛下、帯、小物すべてが白一色のもので、色打掛は、対照的に豪華な華やかさが特徴です。色打掛を選ぶときは、好みのほかに遠目で見た場合を考えて、背丈に合った模様の大きさなどもチェックしましょう。

 挙式のときには、角隠しか綿帽子をかぶります。どちらをかぶるかは好みと全体のバランスで選びますが、どちらも挙式のためのものですから、披露宴のときにははずします。また小物では懐剣を帯に差し、筥迫(はこせこ)を懐に入れ、手に扇子を持ちます。



●新郎は五つ紋つき羽織袴


 新郎の和装第一礼装は、黒羽二重に五つ紋を染め抜いた長着と羽織、袴をつけます。最近は色紋付きも使われていますが、式服としての品格は黒にまさるものはありません。衣装を選ぶときは、長着や羽織のゆき(背縫いから袖ロまで)が短いと手首がむきだしになって見苦しくなるので、少し長めのものを選びましょう。

 なお家紋をつけたいときは、貸衣装店に早めに申し込むと張り紋をつけてもらえます。


このページのトップへ