式のスタイルはどのように選べばいい? | 結婚式までの準備 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 結婚式までの準備 > 式のスタイルはどのように選べばいい?

式のスタイルはどのように選べばいい?


●式の形式は本人の気持ちに合ったものを

 
 結婚式は二人の誓いを交わす儀式ですから、どんな形式がふさわしいかを第一に決める必要があるでしょう。二人の気持ちにぴったりしたもので、なおかつ周囲の人たちにも理解、納得されるものにしたいものです。

 現在日本で最も多く行われているのが神前結婚式です。三三九度の杯事を中心にした形式で、ほとんどの式場で行えます。また、最近人気があるのがキリスト教式の結婚で、近ごろは未信者でも挙式してくれる教会もあり、ホテルや一般式場の中にもチャペルを備えたところが増えています。仏前結婚式は寺院のほか、挙式者側で祭壇の用意をすれば会場を貸してくれるホテルや式場もあります。このほか宗教によらない式として、知人、友人の前で誓いを交わす人前結婚式、自宅で行う家庭結婚式があります。

 式の形式が決まったら、その形式で挙式できる場所を探しましょう。神社・仏閣、教会での式は荘厳な気持ちでのぞむことができますし、専門式場は式と披露宴が同じ場所で行え、サービスにそつのない点がメリットです。ホテルは豪華な印象を与える点と便利さで人気があり、公共の施設は料金的に安いのが喜ばれています。


COLUMN

式場を予約するときこれだけは確認しておこう

 式場選びは、まず候補をいくつかあげ、パンフレットを取り寄せて比較してみます。式場案内所を利用してもいいでしょう。候補式場をしぼったら、次のポイントに注意しながら下見をします。

1)予算に合うか
2)自分たちの考えている式、披露宴にマッチしているか
3)こちらの意向を理解し尊重してくれるか、押しつけはないか
4)交通の便がよく、駐車場は十分か
5)環境や雰囲気はよいか、式場宴会場、控室の広さ、設備はいいか
6)料理の味と種類は充実しているか
7)演出法に合った設備は十分か
8)披露宴の時間はたっぷり取れるか
9)引出物の内容持ち込みが可能か
10)貸衣装の品揃え、持ち込みが可能か
11)美容と写真は上手か、また親切か
12)係員の接客マナーは印象がよいか
13)内金およびキャンセルについての決まりはどうなっているか

 納得のいく式場が決まったら、早めに予約を。予約する場合は予約金が必要です。式場によって異なりますが、数万円から十万円くらい必要なので、確認しておきましょう。予約する人数はあくまでも予定人数なので、少し多めにしておくのがコツです。

引出物には、選べるカタログギフト・アズユーライクがおすすめ


このページのトップへ