立ち会い人への謝礼は? | 婚約 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 婚約 > 立ち会い人への謝礼は?

立ち会い人への謝礼は?


●結納時の仲人と同様の方法でお礼を

 
 婚約式や婚約パーティの証人や立ち会い人への謝礼は、結納の折の仲人への気持ちの表し方と同様です。どういった形にしろ、自分たちの婚約のために立ち会ってもらった第三者には、その日の交通費と手間代程度は贈るべきでしょう。

 しかし、立ち会い人に挙式時の証人や媒酌人までをお願いする場合は、挙式後にまとめてお礼をします。婚約の当日には、お車代だけを渡すようにするのが一般的です。

 縁談から婚約までのお世話をしてもらった場合は、婚約後の次の吉日などにお礼に伺うようにしましょう。この際、本人二人で伺うのがマナーです。婚約の証人として当日のみ立ち会いをお願いした場合は、その日にお礼をしてもかまいません。

 金額は本人たちとの関係に応じて考えるのが妥当です。双方で話し合って決め、折半して負担し、ひと包みにします。お礼やお車代は、紅白十本の結び切りの金包を使用します。表書きは「御礼」もしくは「お車代」。本人二人の連名にします。


このページのトップへ