婚約パーティにふさわしい服装は? | 婚約 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 婚約 > 婚約パーティにふさわしい服装は?

婚約パーティにふさわしい服装は?


●TPOに台わせて準礼装か略礼装に揃える

 
 婚約は結婚式に次ぐ大切な儀式。婚約パーティの場合も、格式は結納や婚約式と同じく準礼装か略礼装にし、パーティらしく少したのしい雰囲気を心がけます。

 TPOに合わせてどちらかに揃えますが、格式を重んじるなら準礼装に整えます。男性の場合は、昼間なら黒の上下にシルバーグレーのネクタイを。女性は、和装にするなら訪問着か中振り程度に。洋服なら、昼間はセミアフタヌーンドレス、夜はカクテルドレスです。母親や立ち会い人は、和服なら訪問着か無地、洋服なら本人同様に昼間はセミアフタヌーンドレスやスーツ、夜はカクテルドレスなどで多少華やかに装います。こういった準礼装は、一流ホテルを会場にした場合などにふさわしいでしょう。

 個人宅で婚約パーティを行う場合などには、略礼装で十分。男性は紺やグレーなどのセミフォーマルウェア、女性は和服なら付け下げ程度、洋服なら昼間はドレッシーなドレス、夜ならディナードレスなどで装います。とくに、女性の場合は自分にもっとも似合う衣装を自分らしく装うのがいちばん望ましいと思われます。



●参列者の服装も本人たちとの調和を考えて


 友人たちにも参会してもらう場合は、あまり格式ばらずたのしい雰囲気のパーティにしたいもの。このようなパーティなら、平服で気軽さを演出するのもいいでしょう。女性はドレッシーなワンピースなどの外出着程度にコサージュをつけて喜びを表現するのも一つ。和服なら小紋でかまいません。男性は普通の背広で十分ですが、替え上衣というのは避けるべきです。

 参会者は本人たちとの調和を考えて。平服のパーティだとしても、あまりカジュアルな服装は避けます。また逆に、主役の本人たちよりも華やかになりすぎるのも困りものです。どの程度の格式に整えればいいか、事前に聞くのが無難でしょう。ただし和装・洋装にこだわる必要はありません。


このページのトップへ