結納当日の服装は? | 婚約 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 婚約 > 結納当日の服装は?

結納当日の服装は?


●本人同士の意向に沿って全員が格式を揃える

 
 本人同士だけでなく、父母や親代わりとなる人たち、仲人はすべて正式礼装にするのが、かつてのしきたりでした。しかし昨今では、ホテルなどの少し派手な場所で結納を行う場合には、準礼装に調えるのが一般的です。自宅やレストラン程度なら、略礼装で十分でしょう。例えば、男性なら黒か紺のスーツを。女性は洋服にするならシルキーな素材のドレッシーなワンピースやツーピースが適しています。パールなどの上品なアクセサリーにコサージュを添えるなどの工夫で、晴れの日にふさわしい装いになるでしょう。和装なら訪問着や友禅調の振り袖などが準、略礼装。あまり豪華な振り袖は正装になってしまうので、まわりとの調和を考えて選びたいものです。

 和洋の違いはあっても、列席する人たちは全員が同じ程度の格式に揃えるのがエチケット。本人同士が何を着たいか、また何がふさわしいかを話し合って決め、親や列席者に伝えるようにしましょう。形式にこだわらず気楽な服装にしようというのが本人の意向であれば、それに従っても問題ありません。

 もし列席者が遠方から来られるようなら、全員が平服に揃えるのも心遣いの一つです。

上品なイメージのパールアクセサリーはこちらから


このページのトップへ