結納品にはどんな形があるのか? | 婚約 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 婚約 > 結納品にはどんな形があるのか?

結納品にはどんな形があるのか?


●関東式の場合

 
 関東地方では、結納金を贈るときには金包を祝儀品とともに白木台にのせる形が一般的です。結納品は長のし、金包、鰹ぶし、するめ、昆布、友しらが(麻ひも)、末広、柳樽料、そして目録の九品を整えるのが正式。結納金が入った金包と柳樽料以外は現物を用意します。略式では、鰹ぶしと柳樽料を除いた七品目、さらに昆布とするめを除いた五品目もあります。

 とくに東京では、男性からの結納(帯料)と女性からの結納(袴料)を同時に交換するのが習慣です。この場合には男女同格の結納品を用意しますが、場合によっては女性が一段下げてもかまいません。結納飾りは本人たちの考え方や好みで決めればいいでしょう。しかし、結納品を披露する女性側の環境やしきたり、好みに合わせるのが思いやりでありエチケットではないでしょうか。

 女性からの袴料を略す場合に出す受書や結納の目録は、印刷されたものを使うことが多く、一行目の空欄に「御帯料 壱封」または「御袴料 壱封」と書きます。記念品を添える場合は御帯料や御袴料の脇に小さめに「指輪つき」「時計つき」などと添え書きを。記念品だけの場合は、「御背広 壱着」「晴れ着 壱揃」とします。


関東式結納品例



●関西式の場合  


 中部から西の地方で使われる結納品は、各地それぞれに特徴があります。とくに京都や大阪では、小袖料(結納金)、松魚料,柳樽料の三つの金包にのしと末広がついた形が基本です。これらはそれぞれ別の白木台にのせられ、三台や五台といった形で整えられ、さらに豪華にする場合は、するめや昆布、友しらがを加えたり、呉服飾りや高砂の人形が添えられることもあります。変わったところでは、昔ながらに着物と帯、履物などの礼装一揃えに化粧品を添える奈良地方や、お茶を必ず添える九州地方のしきたりも残っているようです。

 関東地方と大きく違うのは、こういった形式だけではありません。関西地方では結納金の一割程度を基準に飾り台を用意するという点です。こうすることにより、飾られた結納品を見れば結納金の見当がつくわけです。もう一つの大きな違いは、女性に贈る品を紅い紙を抱き合わせて包み、男性へ贈るときには青か緑を使う地方が多いことでしょう。また、関東のように結納を同時に交換することは、関西地方ではまれなケース。ほとんどは、男性から女性に結納を贈り、女性からは受書を出して、結納金の一割程度を包んだ金包を和合紙の上に添えて仲人へのお礼とするのが習慣です。女性からの返礼は日を改めて持参します。日にちは次の吉日や荷物送りの日、挙式当日などが多いようです。

関西式結納品例

●家族書・親族書の書き方例 (中)関西式受書 (右)関東式受書


このページのトップへ