結納金の目安は?女性からは? | 婚約 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 婚約 > 結納金の目安は?女性からは?

結納金の目安は?女性からは?


●結納金は相手に贈る品物の一種

 
 結納金は、婚約に際して相手に贈る品物の一つです。よく言われる「嫁入りの支度金」というような解釈は、二人の意思と責任による現代の結婚に沿った考え方には適しません。かつてのような女性の労働力に対する代価として男性側が金品を贈るという考え方もふさわしいとは言えないでしょう。

 もともと、結納とは双方の家族、親族が姻戚関係になる証しとして固めのあいさつに交わす酒肴です。時代を追って、その酒肴に反物や帯を添えるようになってきました。結納金は、こういった酒肴や反物、帯などが一部現金で表されるものと考えるべきでしょう。つまり、婚約の記念に贈る品々と言えます。



●本人の経済力に見合った額を贈る


 結納金は、相手に贈るものの一形態にすぎず、婚約の証しとして相手に贈る品なのですから、贈り主が精一杯の気持ちを表すことがいちばん大切です。したがって、当然贈り主の経済力に見合った金額を贈ればいいということになります。

 目安としては、だいたい月収の三倍かボーナス一回分くらいが常識でしょう。最近では、結納金とともに婚約指輪を贈るケースも増えているので、この場合には結納金と指輪の合計が経済力に見合った額になるよう考えればいいと思います。

 また、現金にこだわらず記念となる品や、その品に代わるようなものを贈る方法もあります。いずれにしろ、精一杯の気持ちが相手に伝わるような贈り方をすればいいのではないでしょうか。



●男性と同様女性も精一杯の気持ちを

 
 女性の場合、「袴料」として一割返しや半返しするしきたりが地方によってありますが、数字にとらわれる必要はありません。男性と同様に、収入があればその経済力に見合った範囲で贈りものを考えるのが現代的です。ただし、双方で現金を贈り合う必要もないので、自分の気持ちを表す品物を贈るなど、納得し合える贈り方を考えましょう。現金を贈ることを考えるなら、女性からの返礼分を差し引いた額を男性が贈り、女性は受書を出して婚約承諾の意思表示とし、受け取るだけの方法もあります。

 最近では全国的に袴料を省略する傾向があり、また地方によっては、もともと女性からの返礼をしないしきたりや、婚礼当日や荷物送りのときなどに日を改めて返礼するところもあります。しかし、婚約指輪などの記念品に対しては、贈られた品の半額程度のものを女性からも贈るのが常識でしょう。


このページのトップへ