結納をする場合は? | 婚約 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 婚約 > 結納をする場合は?

結納をする場合は?


●双方で話し合って結納の形を決める

 
 結納をすることになったら、当人同士が相談して双方の親の意見も交えながら具体的な方法を打ち合わせます。というのも、結納は日本特有の婚約方法ですが、地域や家によってその形は千差万別。もとはといえば結納に対する考え方の違いによるものですから、双方の考え方を理解し合う必要があるからです。

 たとえば、関東地方では男女が結納を贈り合って交換するのが一般的。中部から関西以西の地方では、結納は男性から女性へ贈るものとされ、女性からは挙式前の吉日や挙式当日、荷物送りの日に返礼するなど形式はさまざまです。こういった違いは、婚約申し入れの方法が反映しているように思われます。男女間の結婚の約束なら結納の交換であり、男性からの申入れが正式婚約になるなら男性から結納を贈るだけと考えていいでしょう。ですから、何よりも本人同士がどういう目的でどういった形で結納をするか、まず決めることが大切です。

 このようにさまざまな形があれば、双方が頭に描く結納が違ったものであるのも当然です。誤解やあとになって問題が起きないよう、形式の違いを念頭に置いて打ち合わせすることが大切でしょう。



●双方の意見は本音を述べやすい本人を通じて


 具体的に打ち合わせる第1の内容は、日時と場所。時期的には挙式の3~6か月前が一般的です。もし、1~2か月以内に挙式を控えているような場合は、結婚の意思をお互いに確認し合ってから10~20日以内に結納を。しきたりでは大安吉日が好まれますが、あまりこだわる必要はありません。とはいっても慶事のことですので、縁起を気にする人がいれば仏滅や夜は避けて日中に行うのが無難。もっとも、最近では豪華なディナーの会食を前に行う人もいます。

 場所は結納の方法によっても変わってきます。結納を交換する場合は、ホテルやレストランなど一か所に集まる方法があるでしょう。男性から女性に結納を贈るなら男性が女性宅を訪れることもあります。なかには大がかりな結納の宴を催す場合もありますので、結納の目的と形をお互いによく話し合ったうえで決めるようにします。

 次に、結納を交換するのか、男性側から贈るだけかを踏まえたうえで、結納金を決めます。それが決まれば、結納品の打ち合わせです。これも地域性の強いものなので、長く飾って人に見せる女性側のしきたりを考えて男性が選ぶようにしましょう。あとは、仲人や立ち会い人をどうするかが最後の問題です。必要か不必要か、必要なら誰に頼むべきか、双方の意見を本人同士を通じて忌憚なく話し合うことが大切です。


このページのトップへ