よい相手がみつからなかったときは? | 縁談を依頼されたら | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 縁談を依頼されたら > よい相手がみつからなかったときは?

よい相手がみつからなかったときは?


●月に一度くらいは連絡して近況を聞く

 
 縁談を引き受けたものの、適当な相手が見つからないこともよくあります。
 
 依頼者は、期待して返事を待っていますから、無制限に放っておくわけにはいきません。ほぼ六か月を目安に探す努力をつづけますが、その間”ナシのつぶて”では依頼者に失礼です。依頼を受けて一か月たっても相手が現れなければ、電話でその旨を連絡して、もう少し時間をいただきたいと伝えます。その際、依頼者の近況などを聞くようにします。
 
 また、条件がむずかしすぎて候補者が見つからないときもあります。そう判断できる場合は、時間かせぎのようなことはせず、率直に「いろいろ当ってみましたが、わたしの力ではご希望にかなうお相手がみつかりませんので」と書類一式を返却したほうがいいでしょう。


このページのトップへ