陣中見舞いはどのようにする? | お見舞い | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 贈答のマナー > お見舞い > 陣中見舞いはどのようにする?

陣中見舞いはどのようにする?

その場で開いて皆で食べられるものを


 展覧会、イベントの事務所、運動選手の合宿などに激励や景気づけの意味を込めて贈るのが陣中見舞いです。親しい人や関係者で先方の事情がよくわかっているなら、事務所の開設日やイベントの開催日など、もっとも喜んでもらえる日を選んで贈ります。それほど関係は深くないけれど励ましたい、ねぎらいたいという人は期間内に訪れるといいでしょう。
 品物は、その場ですぐに開いて、あいさつや手伝いに集まる人たちが飲食できるものがもっとも喜ばれます。例えばお酒やビール、ジュース類、お弁当、お菓子など。このほかには花束など、席が華やかになるようなものを選べばいいでしょう。
 スポーツの場合、少年野球など相手が未成年ならジュースやお菓子、お弁当など、大人ならビール、ウイスキー、おつまみなど、練習や試合の休息に役立つものがうれしい激励になります。
 これらの品物には、紅白の水引を蝶結びにしたのし紙をかけ「陣中見舞」「祈必勝」と表書きします。また、現金も歓迎されるものの一つ。現金を贈る場合は祝儀袋に「酒肴料」「御菓子料」などとしても。










このページのトップへ