入園・入学の祝い方は? | 祝事のマナー | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 祝事のマナー > 祝事のマナー > 入園・入学の祝い方は?

入園・入学の祝い方は?

●子供に喜びと希望を与えるあたたかい激励を

 入園や入学は子供にとって初めて迎える人生の節目。家庭から社会への巣立ちの第一歩という、たいへん大きな出来事です。環境や生活が一新するため、子供本人が戸惑わずに心から喜びを認識し、将来への希望が持てるよう、家族をはじめ周囲の人たちは激励を込めて「おめでとう」と祝福をおくりましょう。

 親は、子供の新しい生活に必要な用品や衣類などの基本的なものを調えます。とくに、勉強机や衣類は、単に値段や好みで決まるものではありません。親の教育方針にかかわるものなので、ぜひ親の手で揃えたいものです。親が確固たる方針と自覚を持って子供に接すれば、こういったものを一緒に揃えていく段階で子供もだんだん理解していくのではないでしょうか。これはものを選ぶことだけでなく、入園式や、入学式に臨む姿や祝い方にも反映することでしょう。


●お祝いを贈られたら本人にお礼のあいさつをさせる

 入園は家族で祝い膳を囲む程度でもいいですが、新入学のときには祖父母などの親しい方たちを招いて、お祝いパーティーを催してはどうでしょう。盛大に祝うことで本人の自覚や意気も高まり、入学の意味を認識することもできるからです。お祝いを贈られたら、本人からきちんとお礼のあいさつをさせます。子供の親は、祖父母や親類には感謝の気持ちをあらわす程度で十分ですが、それ以外の方たちには「内祝」として、半返し程度の祝儀の品を贈ります。ちなみに、入学式からあまり日が経たないうちにお返しをするよう心がけましょう。


●祖父母の自己満足は禁物

 祖父母の祝い方としては、何かと出費がかさむ子供の父母を助けるような方法で。例えば、準備するものの一部を請け負ったり、現金を贈るなどが考えられます。品物を贈る場合には、子供の価値観を超えるようなものや使いこなせないものを祖父母の自己満足で与えないよう注意すべきです。現金や教育資金用の積立貯金などを贈るときには、子供の親に手渡します。ただし、子供本人にも帽子やバッグなどの喜びそうなものを添えてあげましょう。

 親類の場合は、普段着やスポーツ用品などのほか、本やルームアクセサリーなど、親の友人や知人なら、子供の好みに合わせた学用品や本などを贈ります。


このページのトップへ