遺骨は埋葬しなければならない? | 法要 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 葬のマナー > 法要 > 遺骨は埋葬しなければならない?

遺骨は埋葬しなければならない?

散骨することもできる

 
 現在のように、火葬した遺骨を墓前に埋葬するかたちは、ごく近年になって定着したものです。それまでは土葬が中心でした。また荼毘にした遺骨の一部を本山に納めるだけで、故人の墓をもたない、という例もみられました。
 このように埋葬のかたちは、時代や社会環境とともに変化するものです。
 平成三年の秋に「葬送のための祭祀で節度をもって行われる限り問題でない」という公式見解が法務省より出されたことで散骨が認められるようになり、海や山に遺骨をまいたりするようになりました。

COLUMN
移り住んだところに新しく墓を建てたら?
 
 先祖や家族の墓がある故郷を離れて、自分が移り住んだところに新しく墓を建てた場合、新仏の遺骨は、新しい墓に埋葬すればよいのです。これを「分家」と言います。
 しかし、離村などをして墓を移したいときは、古い墓の遺骨を新しい墓に納めねばなりません。このような場合は、引き上げるときも、新しい墓に納めるときも、僧侶を招いて法要を営みます。墓を移転するときは市区町村役場の許可がいります。

遠隔地の菩提寺までの遺骨の運び方は?
 
 菩提寺が遠く離れていると、遺骨を運ばなければなりませんが、その場合必ず手から離さないで抱えているようにします。列車などの場合は、網棚などに乗せないようにします。タクシーなどを利用するときは、料金のほかに心づけを渡すようにします。

墓にまつわる迷信
 先祖のお祀りは、報恩のためや功徳を回向して、それによって自分の心を養うためにすることで、「たたり」「仏罰」などがないようにするものではありません。
 またそのようなたたりや罰というものは、仏法にはなく、従って仏教的根拠はありません。
 墓にまつわることで、次のようなことがよく言われていますが、迷信と考えていいでしょう。
*何でもないときに墓を建てると縁起が悪い
*北向きの墓は、その家に不幸を招く
*墓の苔や汚れを落とすと不幸が起きる
*年忌の際にしか墓を建ててはならない
*墓のかたちによって不幸を招くことになる
*転居したとき、近所のお寺に墓地を求め、そこに先祖の墓を移すとたたりがある
 墓については、教典に何の指示や規定もありません。また最近になって、墓相学などというものが現れ、墓についてのきまりを強調する傾向が強いようですが、今のような墓が一般化したのは明治以降で、比較的新しい流れです。従って、そのきまり通りにつくらなければ不幸があるなどと気にする必要はありません。


このページのトップへ