神道での祀り方は? | 法要 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 葬のマナー > 法要 > 神道での祀り方は?

神道での祀り方は?

先祖の御霊を移いた雲璽を祖霊舎に安置する

 
 仏式の仏壇にあたるものが神道では祖霊舎、位牌は霊璽と言います。新しく祖霊舎を安置したときは、神職を招いて清祓いを受けます。
 祖霊舎には先祖を祀りますから、氏神や天照大神などを祀る神棚よりも低いところに安置し、霊璽は祖霊舎の内陣に置きます。祖霊舎の中央に神鏡を飾る場合もありますが、これは清浄な神の依代をあらわすとされています。拝礼するのに必要な神具は、水を供える水器、お神酒を入れる瓶子、食物を盛る三方、それに榊立てや神灯などです。
 これらの神具は白い陶製のものが基本で、水器以外は一対ずつ飾ります。また神域を示すしめ縄と四手のほかに、錦一対と御簾も飾る場合もあります。

●祖霊舎の飾り方

神饌を供え毎日礼拝する  

 朝起きて身支度を整え、手や□を清めてからお供えをします。神饌は米、塩、水で、毎日欠かさずに供えます。米は洗い米、または炊き立てのお初のご飯を。水は初水をとります。榊の水も忘れずに替えましょう。お供えを盛る器は、使う前に必ずきれいに洗います。
 神灯を灯し、二拝二拍手一拝で礼拝します。家族がそろって行うときは代表者が拝礼し、それに合わせて礼拝します。祝詞を奏上するとよりていねいです。
 夕方は同じように二拝二拍手一拝で拝礼します。朝に供えたものは下ろしますが、洗い米を供えた場合は、翌日炊くようにします。塩はふだんの料理に使えばよいでしょう。水は植木にあげるとよいといわれています。

月次祭には特別のお供えをして礼拝する 

 毎月1日と15日は月次祭として、ふだんよりも多くお供えをし、ていねいに礼拝します。月次祭のほかに家族の誕生日などの記念日も、特別 のお祀とします。特別のお供えとしては、ふだんの米、塩、水のほかに酒や尾頭付きの魚、果物、野菜など旬のものを供えるとよいでしょう。神饌は、三方や折敷にのせて供えたいものです。お供えしたものは、お下げしてみんなでいただくようにします。
 そのほかにこの日は、榊やしめ縄も取り替えます


このページのトップへ