キリスト教式の忌明けの儀式は? | 法要 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 葬のマナー > 法要 > キリスト教式の忌明けの儀式は?

キリスト教式の忌明けの儀式は?

カソリックでは祥月命日に追悼記念のミサを行う  

 
 毎年の祥月命日は追悼記念のミサを行い、とくに一年目を盛大に行うことが多いようです。
 ミサは教会で行うのがふつうで、遺族や近親者のほかに、友人なども自由に参列します。式次第は、葬儀のときとほぼ同じで、ミサのあとの茶話会などを開き、故人を追悼します。茶話会は、教会の別室あるいは自宅などで行います。

教会へのお礼には「ミサ謝礼」と表書き  

 この謝礼は、教会への献金の意味ももつもので、とくに金額的な基準はありません。各人がふさわしい金額を包みます。
 「ミサ謝礼」とは別に、神父個人に「御礼」を包むのがふつうです。

プロテスタントでは故人の命日に記念式を行う  

 故人が亡くなって数年間は、一年ごとに故人の召天日(命日)に記念式を行いますが、なかでも最初の記念式は、葬儀でお世話になった人や仕事関係者なども招き、式の規模はやや大きくなります。
 式は、自宅や墓地で営むこともありますが、ふつうは教会で行います。自宅の場合は、個人の遺影と花を飾った祭壇を設け、牧師を招いて、祈りと説教をしてもらいます。
 参列者全員で祈りを捧げたあと、個人を追悼する茶話会などを催します。

教会への謝礼は「記念献金」と表書きを  

 謝礼は教会への献金で、表書きも「記念献金」とします。また牧師個人に「御礼」と、教会外で行った場合は「御車代」も別に差し上げます。
 また最近は、参列者にお礼の品を「志」と表書きして贈ることもあります。


このページのトップへ