仏式の忌日法要は? | 法要 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 葬のマナー > 法要 > 仏式の忌日法要は?

仏式の忌日法要は?

七日ごとに法要  

 
 一般的に、亡くなった日から(地域によっては亡くなった日を含めて)七日目ごとに法要を行います。忌明けは四十九日ですが、忌明けが三か月にかかる場合は、三十五日に忌明けをする地域もあります。これらの忌日には読経をしてもらいます。最近では、初七日と四十九日に法要を行い、ほかの忌日は内輪で営むことが多くなっています。
 また葬儀のあと、遺骨を迎えて読経するときに、同時に初七日の法要を兼ねることも多くなっています。

七七日に忌明けの法要  

 四十九日は遺族の忌明けでもあり、葬儀後、もっとも重要な法要になります。近親者や友人・知人などを招き、僧侶に読経を頼み、この日に納骨を行うことが多いようです。ただし宗派、事情によっては、三十五日や百か日に納骨することもあります


このページのトップへ