通夜に行くべきか、告別式に行くべきか? | 通夜[弔問者] | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 葬のマナー > 通夜[弔問者] > 通夜に行くべきか、告別式に行くべきか?

通夜に行くべきか、告別式に行くべきか?

●故人との関わりが深くない場合は告別 式に

 そもそも通夜の儀式は、故人と親交のあった人びとが最後の一夜をともに過ごし、冥福を祈る目的で行われるものですから、親しい関係者は通夜、葬儀、告別式を通して参加します。しかし最近では、通夜も葬儀の一儀式としてとらえられ、出席するのが当然のように思われています。

 故人と関わりが深くなかった人は、通夜には出席しないで、葬儀・告別式に参列すればよいのです。

 また都合でどちらか一方にしか参列できない場合は、葬儀・告別式に弔問するのがよいでしょう。

 どちらか一方にしか参列できない場合は葬儀・告別式へ


●会社関係の場合は代表が通夜と告別式に  

 会社関係の場合は、個人的に親しい人と代表者が通夜と告別式に出席します。ほかの人たちは、告別式だけに弔問すればよいでしょう。


●どうしても都合がつかない場合は通夜だけに出席

 告別式にはどうしても都合がつかないというような場合は通夜に出席し、お別れをします。また、その席で世話役などに告別式に出席できない断りとお詫びをしておきます。わざわざ喪主を呼び出すにはおよびません。


このページのトップへ