世話役の役割は? | 危篤~臨終[遺族] | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 葬のマナー > 危篤~臨終[遺族] > 世話役の役割は?

世話役の役割は?


●担当を決め、係によっては複数で対応する


▼世話役代表  喪主と相談しながら通夜・葬儀の全般を取りしきります。

▼会計係     葬儀に関する出納のすべてをあつかい、葬儀の費用のほかに香典の管理と帳薄の整理も行いま
           す。
           葬儀の費用は相続の際の税金控除の対象になりますから領収書を必ずとっておきます。多額の現
           金を扱いますから、親戚か勤め先の親しい人がよいでしょう。

▼受付係     弔問客の受付で、氏名や住所を記帳してもらいます。弔電や供物・供花、花輪などの受付窓口とな
           り、帳簿にそれらをつけて直接渡します。

▼携帯品係    履物や荷物を整理して間違いのないようにします。

▼会場係     会場の内外を整理したり、供物・供花、花輪などを飾り、式場の準備をします。弔問客の案内をしたり
           出棺後は式場の整備や骨迎えの準備なども行います。

▼接待係     僧侶や弔問客への茶菓、通夜ぶるまい、精進落としの席の接待をします。

▼台所係     接待用の茶菓、料理の準備のほかに、関係者の食事の用意をします。

▼交通係     車を駐車場に誘導したり、会場の付近の整備をします。交通渋滞をおこすこともありますから、所轄
           の警察に連絡をとって、場合によっては路上駐車の許可ももらいます。

▼進行係     遺族や世話役代表、各係、葬儀社などと連携してスムーズな進行を図ります。


このページのトップへ