お盆の供養は、どうすればいい? | 祭事のマナー | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 祭事のマナー > 祭事のマナー > お盆の供養は、どうすればいい?

お盆の供養は、どうすればいい?

家庭なりの方法で先祖を迎えて供養を


亡くなった人がこの世へ帰ってくるとされるのがお盆。七月十三日から十五日の三日間にかけて行われます。これは正式には「盂蘭盆会」と言い、仏教行事の一つ。先祖を仏式で祀っている家では供養の行事を行います。お盆には、寺院では施餓鬼供養とともに祖先の追善供養が開かれ、自宅ではあの世から里帰りされる先祖の霊を迎えて供養の行事を行うのがもっとも主流です。地方によって、ひと月遅れの八月や旧暦の日取りで行う場合もあります。いずれにしろ、供養の方法も地域や家庭、宗派によって違いがあるので、お盆の供養はその家庭なりの習慣で行いましょう。

先祖を歓待するつもりで朝昼晩のお供えを

お盆の期間内にすべきことは「迎え盆」と呼ばれる十三日の朝から始まります。この日には先祖の霊を迎える場である盆棚をつくり、位牌をはじめ鉦や香炉を移して仏壇をしめます。かつては立派な吊り棚をつくったものですが、現在では小机の上に真菰を敷く程度で十分。盆棚には水やくだもの、野菜、キュウリや茄子に割り箸を刺して馬や牛をかたどったものをつくったものを供えます。ただし、浄土真宗など宗派によって盆棚はつくりません。夕刻には、門口で迎え火となる麻幹(あさがら)をたいて先祖の霊をお迎えします。墓所が近い場合にはお墓まで迎えに行くのがしきたり。自宅へ戻ったら先祖の霊に早速、精進料理やそうめんを供えます。また、十四日の十五日も家族と一緒に過ごしてもらうために、朝昼晩の食事は忘れずに供えて歓待するように心がけましょう。十六日の地方もありますが、たいてい十五日が「送り盆」。この日は、最後の食事としてとくに豪華なお供えをします。迎え盆と同様に家の前で火をたく「送り火」で霊を送り、お盆の行事は終わりますが、「送り盆」には「精霊流し」という行事を行う地方も。これは「送り火」の代わりに盆棚に供えたものを海や川に流して霊を送るという行事です。

親類が集まって故人をしのぶような過ごし方を

お盆の期間には、僧侶を招いて読経してもらうのがしきたりです。できれば、故人と縁のある親類などにも連絡して一緒に供養してもらいましょう。読経が終われば食事や茶菓でもてなし、故人をしのびたいものです。僧侶には「御布施」と包んで渡します。「お車料」も忘れずに。招かれた場合には、故人の好物などをお供えとして持参します。もちろん、施主に協力するという意味も含め「御供物料」や「御仏前」として現金を供えてもかまいません。ちなみに、この場合の服装は凶事ではないので、派手なものでなければ普通の外出着程度でいいでしょう。


このページのトップへ