手みやげはどんなものがいい? | 訪問 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 交際のマナー > 訪問 > 手みやげはどんなものがいい?

手みやげはどんなものがいい?

季節感のある花やお菓子を手みやげに


 手みやげは訪問のあいさつとして差し上げるものですから、訪問の目的、主旨に沿ったものであることが第一。そして、高価すぎない分相応のものにします。頼みごとやお礼などの場合は体裁も金額に整えますが、普通の訪問なら二千~三千円程度の菓子折りが一般的。相手の好みや家族構成を考えて選ぶのがポイント。状況がわからないときは、お菓子のほか、季節感のある花や旬の果物など、だれにでも好まれる品物を選ぶのが無難です。

のし紙の表書きは用件にあわせたものを

 手みやげの品には必ずのし紙をかけ、初めて伺うお宅や頼みごとがあって訪れるときには「ご挨拶」と書くなど、目的にあった表書きと名前を書くのが礼儀です。ふつうは「粗品」かリボンがけにします。先方のお宅の近場で買うのは、いかにも間に合わせという感じで失礼にあたります。


このページのトップへ