結婚通知、記念写真は誰々におくればいい? | 新生活 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 新生活 > 結婚通知、記念写真は誰々におくればいい?

結婚通知、記念写真は誰々におくればいい?

●結婚通知状は年賀状を交換している間柄に送る

 
 結婚通知状を出すのは、年賀状を交換しているプライベートな間柄と考えればいいでしょう。新居の通知も兼ねているので、披露宴に招いた方にも出します。その場合は列席へのお礼とお祝いに対してのお礼を書き添えるのを忘れずに。文面は、いつ、どこで結婚したか、媒酌人((ばいしゃくにん)挙式、披露宴の当日の立会いをしてくれる人のこと)をお願いしたときは誰の媒酌によったか、姓が変わった人は旧姓も記します。

 結婚通知状は、遅くとも挙式後1か月以内には出しましょう。挙式後はあれこれ忙しいので、挙式前に印刷しておくといいでしょう。

 なお、ビジネス上の関係者などには、季節の挨拶のついでに「結婚して住所が変わりました」とひと言書き添えればいいでしょう。


●記念写真は写っている人全員に

 
 記念写真は、一家に1枚でいいですから、写っている人全員に贈ります。それぞれの親と祖父母には、親族の集合写真だけでなく、2人だけの記念写真も贈りたいものです。予算が足りなくなった場合は、二人の記念写真は父母と媒酌人に贈り、そのほかの親戚へはスナップ写真でもいいでしょう。


このページのトップへ