結婚祝いをいただいた方へのお礼は? | 新生活 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 新生活 > 結婚祝いをいただいた方へのお礼は?

結婚祝いをいただいた方へのお礼は?

●お祝いをいただいた方へは内祝いを

 
 披露宴に招かなかった方でお祝いを下さったり、お世話になった方たちには、感謝の気持ちを込めて内祝いを贈ります。

 いただいた金品の半額程度のものを贈るのが一般的で、上には薄く、下には厚くと考えます。表書きは「内祝」とし、夫婦の姓名を書きます。丁寧にしたい方へは直接持参するのが本来のマナーですが、遠方の場合は礼状を添えて送りましょう。挙式1か月以内には届くようにしたいものです。親の友人、知人などで祝ってくださった方にも、本人2人から内祝いと挨拶状を贈ることを忘れずに。

 なお、贈りもれのないよう、お祝いをいただいたら名前と住所を記録しておくと便利です。


●新居でのもてなしも

 式当日の世話係や親しい友人などは、内祝いを贈るよりも新居に招いて、新夫婦の手料理でもてなすほうがいいでしょう。

 一度に招くことができなくても、グループごとに分けて何回かホームパーティを開いてみては。新夫婦の友人たちが同席することで、交友の輪も広がります。


このページのトップへ