海外で挙式するには? | 結婚式までの準備 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 結婚式までの準備 > 海外で挙式するには?

海外で挙式するには?


●事前に十分な下調べと準備を

 
 ハネムーンを兼ねて海外で挙式するカップルが増えています。雰囲気がいいだけでなく、費用が比較的安くすむこと、人間関係のわずらわしさや古い慣習にとらわれずにすむことが人気の理由のようです。

 もっともポピュラーなのはハワイ、グアム、最近はオーストラリアも増えています。しかし欧米諸国の法律や教会には日本の教会よりも厳しい条件があり、ほとんどの場合は日本で婚姻をすませ、現地の教会では祝福を受ける程度のものになります。また、事前に日本国内で法的な手続きをすませておくことが条件になっているところも多いので注意しましょう。たとえばパリでは、「婚姻受理証明書」とそれをフランス語に訳したものが各一通必要になり、このような場合は早めに婚姻届を出し、同じ姓でパスポートを申請しなければなりません。

 いずれにしても、国や宗教によっていろいろと規則や決まりがあり、申し込みから手続き、必要書類を揃えるなど手間も時間もかかるので、半年前には準備を始めたほうがよさそうです。最近ではさまざまな旅行代理店が挙式を組み込んだ個性的なツアーを実施しているので、窓口で相談するといいでしょう。


このページのトップへ