婚約記念品にはどんなものと? | 婚約 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 婚約 > 婚約記念品にはどんなものと?

婚約記念品にはどんなものと?


●男性から女性へ贈る記念品は婚約指輪が主流

 
 正式婚約として、本人同士が婚約記念品を交換する方法があります。結納品も記念品と考えられますが、記念品の交換をもって正式婚約とする場合には、現金ではなく婚約の証しとなる品物を取り交わすのが特徴です。最近では結納に記念品を添えたり、婚約式や婚約披露パーティの席で記念品を交換するなど、さまざまな形で婚約記念品を取り交わすケースが増えてきています。

 婚約記念品は、男性から女性へ贈る場合と女性から男性へ贈る場合では、品物や金額の設定に違いがあります。男性から女性へ贈る品としては、やはり宝石の入った婚約指輪が圧倒的な人気です。婚約指輪を贈る習慣が日本で一般化したのは一九六〇年前後から。もとはキリスト教徒が婚約する際に行う習慣で、目に見えない愛の誓いを指輪で表すという重要な意味があります。

 婚約指輪を選ぶ場合には、硬度の高いダイヤモンドが最適とされていますが、女性の誕生石もよく使われます。もちろん、こういった宝石以外にも自分の気持ちを託すのに通したものや、相手の女性に似合うもの、また好みも考慮して、予算に応じた指輪を選べばいいでしょう。



●心の込もった品を贈ることが何よりも大切


 男性から婚約記念品を贈られたら、女性からも当然記念となる品を贈ります。品物は、宝石入りのタイピンやカフスボタンなどの装身具、スーツや時計などが一般的です。ほかに、楽器やカメラ、OA機器、書籍などの趣味や専門の品を贈ることもあります。なかなか決まらない場合には、直接相手に何がいいか尋ねてもかまいまん。金額的には、男性から贈られた品物の半額程度を目安に考えればいいでしょう。

 しかし何よりも大切なのは、何を贈るかよりも、いかに心が込められているかということ。分不相応な品物を贈ったからといって、必ずしも相手に喜んでもらえるとは限りません。かえって相手に負担を与えたり、無用の心配をかけることにもなりかねないでしょう。婚約記念品は交換するのが原則ですから、現在の自分の経済力に合わせて自分らしさを表現できるような品選びをし、そのうえで相手の好みに合わせるほうが、自分の気持ちをストレートに伝えることができるはずです。


●誕生石とその意味

月   誕生石       意味
1月  ガーネット   貞操、忠実、友愛
2月  アメジスト    誠実、純心、真心
3月  アクアマリン  知恵、聡明、知識
4月  ダイヤモンド  純潔、清浄、無垢
5月  エメラルド   永遠、愛
6月  パール   健康、長寿、富
7月  ルビー   情熱、自由、率直
8月  ペリドット   夫婦和合、友愛
9月  サファイア   識実、真理、正直
10月  オパール   希望
11月  トパーズ   忠誠、忠実、友愛
12月  トルコ石   成功


ダイヤモンドの上品な輝き。ピアスやペンダント、リングのコレクションはこちらから
男性への贈り物には、時計や書籍が人気です


このページのトップへ