正式婚約はなぜ必要? | 婚約 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 婚約 > 正式婚約はなぜ必要?

正式婚約はなぜ必要?


●婚約は社会的意味を持つ結婚への前段階 


 お見合いであれ恋愛であれ、当人同士がお互いに結婚する意思があることを確かめ合い、結婚の約束を交わすことを婚約と言います。口約束をするだけでも婚約したことになりますが、結婚は恋愛のような個人レベルの問題ではありません。男女ともにそれぞれが親の家庭を離れ、自分たちの家庭を新しく築くという社会的な意味合いを持つのが結婚です。ですから、婚約したという事実を二人だけのことに留めずに周囲にも認知してもらい、祝福を受けるほうがいいでしょう。



●理不尽な婚約解消を避けるためにも社会的認知を 


 正式な婚約というのは、周囲に知らせ、社会的認知を受けることに意味があります。こういった手続きを踏むことによって二人だけの約束がより確かなものとなり、お互いの自覚が高まって結婚に至るまでの期間も慎重な行動をとるようになると考えられます。
 
 万が一婚約を解消するような結果になったときにも、社会的認知があるとないとでは大きな違いがあります。二人のロ約束だけでは婚約を確認する証拠も証人もいないため、一方が否定すれば婚約の事実を認めてもらえないことがあります。そのため、場合によっては理不尽な婚約解消を承認せざるを得ません。こういった無責任な行動を阻止するためにも、婚約を広く公表して周囲の人たちに認めてもらう必要があるでしょう。

 形式にこだわることはありませんが、社会的な立場や生活環境、二人の人生観などを考慮に入れて、自分たちに合った婚約の方法を選ぶようにしたいものです。



●婚約の申し入れには誠意をもって意思確認を


 男女が出会い「この人と結婚したい」と思ったら、まず相手の意思を確かめて同意を得ることが第一です。かつては、代理人として多くは仲人が使者の役割を果たしていました。現在では、何よりも当人同士の話し合いによる意思の確認が先決。それが「結婚は両性の合意によってのみ成立する」という法の精神にもふさわしい方法でしょう。

 ですから、婚約の申し入れは二人の意思確認のうえで親の承諾を得て、親同士があいさつするという手順で進めるのが自然です。

 婚約を申し入れる場合は、はっきりと口に出して結婚の意思を伝えることが大切。申し入れを受けた側は自分も同じ気持ちならすぐ同意してもかまいませんが、まだはっきりとしない場合は迷っている原因を正直に話して返事を待ってもらうように頼むのが誠意でしょう。黙っていては相手に不安や不信感を抱かせてしまうので、諾否いずれにしろ誠意をもって応じるのがマナーです。


このページのトップへ