親を紹介するタイミングは? | 縁談を求めるとき | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 縁談を求めるとき > 親を紹介するタイミングは?

親を紹介するタイミングは?


●自分の家族や家庭の雰囲気を知ってもらう

 
 デートを三、四回重ねたら、お互いに自宅に招いて家族を紹介するようにします。
 
 その目的は、自分の家族や家庭の雰囲気を知ってもらうことと、交際中の相手を家族の側から見てもらうことです。また、日常的な家族のだんらんの場をお互いが味わうことで、二人きりのときには見えなかった一面が発見でき、理解を深めることにもつながります。
 
 訪問日が決まったら、自分の家族に二人の交際状況やデートでどんなことを話し合っているかなどを伝えて、予備知識を豊かにしておきます。家族のほうにその予備知識がないと、招かれた側は改めて交際状況を説明したり、唐突な質問を受けてとまどったりして、訪問の目的を狂わせてしまうことがありますから注意が必要です。
 
 訪問する日時は、休日の午後がいいでしょう。食事というと相手も気を遣うでしょうから、お茶とお菓子程度のもてなしで会話をたのしむひとときを心がけたいものです。もし、家族がどうしても食事でもてなしたいというような場合は、わが家なりのメニューを披露すればいいでしょう。つまり、母親自慢の手料理を出すのがいちばんです。



このページのトップへ