書類を見て断るときのマナーは? | 縁談を求めるとき | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 縁談を求めるとき > 書類を見て断るときのマナーは?

書類を見て断るときのマナーは?


●一週間以内にはっきりと、しかしマナーを忘れず

 
 書類を検討した結果、どうも自分とは合わない、あるいは結婚相手としての条件に合わないと思ったら、書類を預かってから一週間以内に紹介者に返し、はっきりと断ります。結婚生活上の条件が合わないときは、その旨を正直に伝えたほうがいいでしょう。本人の結婚観が紹介者によくわかり、今後の参考になるからです。
 
 ただ、断るときのマナーとしては、相手を傷つけるような理由づけはしないことです。性格や身体的条件などを指摘して相手のプライドを損なうことは、あなたの人格が疑われることに。なります
 
 反対に、あなたが断られたら、紹介者にその理由をしつこく聞くことは慎みましょう。預かっていた相手の写真や履歴書などは、すぐに紹介者に返却します。いずれにしても、紹介者にお礼の言葉を伝え、また良縁を紹介していただけるようにお願いしておきましょう。

COLUMN

縁談を依頼したあとのフォロー

 依頼して早々に、経過をたずねるのは避けましょう。かといって、あまり長く放っておくと、もう決まったのでは、と思われるかもしれません。縁談の世話を引き受けてもらって二~三か月過ぎたくらいに、近況報告をかねて様子をたずねてみるのがいいでしょう。
 
 ただし、世話人にプレッシャーを与えるような言い方は控えましょう。あくまでもさりげなく、依頼の気持ちが継続していることを伝えるようにします。





このページのトップへ