見舞い品にはどんなタブーがあるの? | お見舞い | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 贈答のマナー > お見舞い > 見舞い品にはどんなタブーがあるの?

見舞い品にはどんなタブーがあるの?

嫌われる花、嫌われる数は避けて

 
花はお見舞いに喜ばれますが、注意しなければならないことがいくつかあります。色や香りの強い花、大きな花束は避けましょう。お見舞いに適さないという花の種類にも、さまざまな俗説があります。例えば、シクラメンは「死」や「苦」を、菊は「葬儀」を連想し、紫陽花は「色があせる」、椿は花が落ちるときの様子から「首が落ちる」と嫌う人がいます。
根のついた鉢植えも「寝つく」といって嫌われる場合があるようです。切り花の本数も、四、九、十三本は避けるようにします。
 病人にとって、パジャマは唯一おしゃれが楽しめるものなので、長患いの人には適した贈りものといえますが、お年寄りなどは「長く寝る」からと嫌う場合もあるので、あまり親しくない人には贈らないほうが賢明です。また、喘息の子供に毛ばだったぬいぐるみも適しません。
 現金を贈る場合には、四や九のつく金額はさけるようにします。お見舞い品のタブーは、ほとんどが縁起の延長線上にあるものです。病人や家族は、ふだんとは違って神経質になっているものなので、刺激を与えないことがいちばん大切なことなのです。

COLUMN
長患いのときのお礼の仕方

 長患いの場合は、折にふれて経過報告のはがきを出し、お見舞いに感謝の気持ちを伝えましょう。
 いくら長くなっても、闘病中にお見舞いのお返しをする必要はありません。お世話になったり、頻繁に見舞ってくれる方にはお中元・お歳暮で感謝の気持ちを表すこともできます。そのときにも、経過報告と感謝の言葉を忘れず添えるようにしましょう。
 原則的に、お見舞いに対してはお返しの必要はありません。とはいえ一般的には、全快後に「快気内祝」として報告とお見舞いのお礼に代えることが多いようです。快気内祝いの時期は、全快、本復したあとでいいのですが、具体的には職場や日常生活に戻ったころが目安。完全に回復しないような状況なら、退院の機会に「退院内祝」を。自力で通院が可能になった折や、少しずつ社会復帰し始めたころに「快気内祝」をしてもいいでしょう。

◆快気内祝いの表書きと水引
 表書きは「快気祝」または「快気内祝」とし、本人の姓名を書きます。
 水引は紅白の結び切りで、のしをつけます。

病気見舞いの手紙文例/返礼の手紙文例

 ●病気見舞いの手紙文例

 ご病気にてご入院と承り、突然のこととて驚き入りました。手術が無事におすみになり、その後の経過もすこぶる順調とのこと何よりと存じ上げます。
 日ごろ、ご丈夫でいらっしゃいましただけに、日々のご苦労が重なったためではないかと拝察いたしております。このたびのことは良い休息の機会とお考えになって、十分にご静養に専念ください。一日も早くお元気な姿を拝見できますよう心からお祈り申し上げます。
 機会をみて近日中にお見舞いに伺いたいと存じますが、取り敢えず書面にてお見舞い申し上げます。
                                             
                                                              かしこ
拝啓
 日増しに寒さが厳しくなって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか。
 ご主人様がご入院との由、少しも存じませず大変失礼いたしました。その後のご容態はいかかですか。奥様をはじめご家族のご苦労さぞかしとお察し申し上げます。
 この機会に十分にご加療のうえ、一日も早くご平癒あそばされますよう、心からお祈り申し上げる次第でございます。
 奥様も看護のお疲れでお体にお障りなきよう、どうぞご自愛くださいませ。
 取り急ぎお見舞い申し上げます。
                                                                敬具

 ●返礼の文例

拝啓
 日ざしがやわらかく春めいて参りました。皆様のいよいよご清栄の様子、心からお喜び申し上げます。
 このたびの入院中は、お忙しいなかをさっそくお見舞いいただき、その上にご丁寧なお見舞いの品まで頂戴し、ありがとうございました。
 おかげさまでその後の経過も順調で、去る〇月〇日に無事全快、退院しました。これもひとえに皆様のお励ましによるものと、心から感謝いたしております。
 これからは自分の体力を過信せず、健康には注意する所存です。二週間後には平常どおり出社できる見通しでございますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
 末筆で恐れ入りますが、皆様によろしくご伝言のほどをお願い申し上げます。
 まずは退院のお知らせかたがたお礼申し上げます。
                                                                敬具

拝啓
 初秋の空もさわやかな季節、つつがなくお過ごしの様子、何よりと存じます。
 このたびは、早速のお見舞い状とご懇篤なお見舞いの品、誠にありがとうございました。一時はどうなることかと心配いたしましたが、速やかな入院加療が効を奏しましたのか、一日一日と回復に向かっております。退院いたしましたら、改めてお礼申し上げる所存です。
 末筆ながらご家族の皆様にもよろしくお伝えください。
 まずは病状のご報告かたがたお見舞いのお礼まで。
                                                                敬具











このページのトップへ