喪主と遺族の服装は? | 喪服 | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 葬のマナー > 喪服 > 喪主と遺族の服装は?

喪主と遺族の服装は?

●葬儀には一般的に正喪服を着用

 喪主や遺族は葬儀の主催者であり、故人の身近な関係者としてもっとも格式の高い喪服を着ます。
 正喪服は、男性の洋装の場合はモーニング、和装なら黒の五つ紋付きの羽織と縞の袴です。モーニングには黒のベストとネクタイを合わせます。

 女性の洋装は、黒のアフタヌーンドレスで襟や袖がついたシルキーな素材のものです。和装は黒の5つ紋の着物に黒の帯。バッグやぞうり、靴ももちろん黒です。


●パールかオニキスの一連ネックレスを

 結婚指輪と地味な時計はつけてもかまいません。洋装の場合、アクセサリーはパールかオニキスの一連のネックレスをつけます。アクセサリーなしは礼装ではありませんが、これ以外の装身具は慎みます。ただし、洋装の正装には帽子を着用。黒手袋も忘れないように。化粧も身だしなみを整える程度の薄化粧にします。


●学生や子どもは制服あるいは地味な服装に

 学生で制服がある場合には、制服を着ます。制服がない場合には、色は黒や紺、グレーなどを中心に。男の子はブレザーに黒のネクタイ。女の子もブレザーやスーツ、ワンピースなどで、色違いのフリルやりボンなどのついていないものを選びます。



このページのトップへ