親族紹介はいつ、どのように? | 結婚式・披露宴[主催者] | 冠婚葬祭Q&A マナー辞典

冠婚葬祭Q&A マナー辞典 > 結婚のマナー > 結婚式・披露宴[主催者] > 親族紹介はいつ、どのように?

親族紹介はいつ、どのように?


●親族紹介は記念撮影のあとに


 一般的な場合、挙式後の記念撮影が終わると、挙式前までは別々だった親族の控室の仕切りが取り払われ、一室になっているはずです。ここで、披露宴が始まるまでの間に親族の紹介をします。しかし最近では、時間や控室の都合で、挙式前にすませる式場もあるようです。また、挙式に引き続き、司式者が親族の顔合わせをすることもあります。

 双方の親族が向き合う形になり、媒酌人が下手に立って、先に新郎の父を新婦側の親族に紹介します。あとは、新郎もしくは父親から、自分のほうの親族を身近な人から紹介します。新郎側がすんだら、再び媒酌人が新婦の父を新郎側に紹介し、そのあとは新婦か父にまかせます。 「兄の○○です」というように、本人との関係と名前を述べますが、簡単に職業や学校などを加えてもいいでしょう。全員の紹介が終わったら、媒酌人が「幾久しくご厚情を」と結びます。あとは、互いに先方の親族とも打ちとけて歓談するように努めましょう。

 人前式やキリスト教の場合など、式に続けて親族紹介を行うときは、証人ではなく本人ふたりが紹介役を務めてもいいでしょう。


このページのトップへ